Home> インプラン…

インプラント歯科の正しい見極め方

2022.05.17

専門医がいるからインプラント治療に特化しているのか?

これだけは間違えて欲しくない、大きな誤解。

日本のインプラント専門医は、残念ながら国が認めたものではないのです。

学会が複数あり、その各学会がそれぞれ専門制度を持ち、それら基準で審査を行っています。

そのため、基準にはバラつきがあり、すべて同じではありません。

また、インプラント専門医だからといっても開業医であれば、普段は一般診療も行っているため、インプラント治療に特化しているというわけではありません。

近年は、インターディシプリナリー治療といって、大学病院のように一人の患者様に対し、それぞれの領域の専門医が集まって治療を行う“チーム医療”を実践している医院も増えてきました。

また、インプラント治療に特化した専門医が、手術の時のみ非常勤として来る医院も増えてきています。

インプラント治療の正しい技術とは

インプラント治療は外科治療に該当します。

歯科医師には高い知識と豊富な経験の両方が求められます。

技者である歯科医師が、歯科業界においても指導的立場となり、教育・啓蒙活動に従事していることが信頼できる一番のポイントと言っても過言ではありません。

ですが、HPのプロフィールや症例数だけで判断することはあまりお奨めできません。

HP上では良いことばかり書いてあっても、実際に行ってみると強引にインプラント治療を勧められた…なんて話も少なくありません。できればセカンドオピニオンといった理由をつけて、実際に医院に行き、雰囲気や、歯科医師やスタッフの人柄も検討材料の一つに加えてみるとトラブル予防に繋がるかもしれません。

あえて当院がしないこと

当院では、高い知識と豊富な経験を持った歯科医師が治療に携わることを重要視しています。知識や経験が未熟な歯科医師およびスタッフがインプラント治療に関わることは絶対にありません。

これまで、インプラント治療に特化して手術を行なってきた専門医、麻酔専門医、歯科衛生士で手術チームを構成しています。

当院の歯科医師は外部での研修教育や執筆に積極的に取り組んでもいますが、患者様への高い質の担保のため、当院の考えとして、未熟な歯科医師を雇用し教育する現場にはしないという方針があります。

患者様が安心して質の高いインプラント治療が受けられることを最優先に考えております。

ガイデッドサージェリーを使えば安心安全なのか?

近年「ガイデッドサージェリーやナビゲーションシステムを用いた、精確なインプラント埋入を安心安全に行っています」と謳う歯科医院が増えています。

ガイデッドサージェリーやナビゲーションシステムとは、あらかじめ手術前にコンピュータ上でインプラントを埋入する位置やサイズをシミュレーションし、それを基にサージカルテンプレートと呼ばれる骨に穴を開けるドリルを誘導してくれる装置を作製、その装置を用いることでシミュレーション通りにインプラントを埋入するというシステムのことです。

しかし、本当にガイデッドサージェリーやナビゲーションシステムを用いればトラブルなくインプラントの手術が可能となるのでしょうか。

残念ながら、必ずしもガイドテンプレートを用いれば精確に埋入できるというわけではありません。

事前に埋入シミュレーションを行うことはもちろん重要であり、近年ではすべてのインプラント症例に必須と考えられます。しかし、ガイデッドサージェリーやナビゲーションシステムには様々な種類があり、その中には精度が良いものとそうでないものがあります。

製作したガイドテンプレートが、きちんと歯や歯茎に固定されていなかったり、少しでもズレてしまっていたりすると、インプラントは予定通りに埋入することができません。また、口を大きく開けられない患者様の奥歯へのインプラントや歯がほとんど残ってないような患者様には、これらのシステムを使用することによりかえって手術を困難にしてしまう場合もあるのです。

また、システム特有のトラブルが生じたりすることもあるので、その際に十分対応できる熟練の技術があって初めて活用されるシステムなのです。したがって、初心者でもこれを用いれば安心安全にインプラント手術が行えるというものではありません。

当院のインプラント治療に対する心がけ

インプラント手術を数多くこなし、熟練の外科技術を持った歯科医師は、事前にコンピュータ上でシミュレーションを行い入念な準備を怠りませんが、そのコンピュータの情報だけを信じるのではなく、実際に手術中も自分の目で確かめながら埋入することで、ガイドテンプレート等に頼りきることなく安全にインプラント手術を行うことを心がけています。

当院の特徴

当院ではワンデイインプラントという、歯が全くない患者様や、重度の歯周病で残っているすべての歯を抜歯しなければならない患者様を対象としており、非常に高度なインプラント治療を行っています。

歯が全くない患者様やインプラント手術と同時に抜歯を行うような患者様の場合、ガイデッドサージェリーを用いることは精度的に劣ることがり、あまり推奨されません。その代わり、事前に入念なコンピュータシミュレーションを行い細部にわたって埋入計画を行います。

また、事前のレントゲンと手術時の口内の状況が若干異なることがありますが、臨機応変に対応しながらインプラントの位置や深さ、サイズなどを微調整し、ベストな方法を選択しています。

ガイデッドサージェリーは別途患者様から3〜5万円ほどでガイドテンプレート製作費用として請求するため、金銭的負担も少なくありません。そういった意味でも、できるだけ患者様の負担を高度な技術でカバーできるよう、熟練のインプラント専門医のみがインプラント手術を行っているというのが当院の大きな特徴です。