Home> 治療の流れ

TREATMENT FLOW

WHAT’S IMPRANT

#001 about implant
治療の流れ


術前診査

術前診査

歯を失った背景や原因をお聞きしながら、口腔内(むし歯・歯周病)診査及びレントゲン診査(C T撮影含む)を行います。

抜歯

左下第二小臼歯の抜歯
左下第二小臼歯の抜歯

むし歯や歯周病、歯の破折などの理由によって抜歯を行います。

抜歯後〜インプラント埋入するまで

右下抜歯後半年以上
右下抜歯後半年以上
左下抜歯後2日後
左下抜歯後2日後

抜歯後インプラント埋入するまでの期間には、大きく分けて4つあります。

Type1:抜歯即時埋入(抜歯して直ぐに埋入する方法)
Type2:軟組織(歯肉)の治癒完了時(抜歯後4〜8週で埋入する方法)
Type3:臨床的レントゲン上の抜歯窩(骨)の封鎖(抜歯後12〜16週で埋入する方法)
Type4:軟組織・硬組織(歯肉・骨)の完全な治癒部位(抜歯後16週以上で埋入する方法)

インプラント埋入手術

右下2本埋入
右下2本埋入
左下2本埋入
左下2本埋入

インプラントの埋め込みの手術を行います。
基本日帰り手術です。

抜糸後

手術後3週の状態

1〜2週以内で抜糸を行います。
インプラント埋入部位には歯ブラシが当てられません。
うがい薬を処方しますので、その間はうがいのみを行います。
ただし、インプラント埋入部位以外は通常通り歯磨きは可能です。

型取り

型取り直前の状態
ヒーリングキャップを外した状態

インプラント埋入後、2〜3ヶ月後に型取りを行います。

完成

ジルコニア(白い)被せ物を装着します。

メインテナンス

右側
右側
左側
左側

インプラントの患者様には、2〜6ヶ月に1度のメインテナンスを行っています。
メインテナンス間隔は患者様の口腔内の状態によって変わります。

インプラントメインテナンス
について


インプラントは、基本的に3つの部品で構成されています。顎骨に埋入する人工歯根(インプラント体)、物をかみ砕くなどをする人工歯(上部構造)、そしてインプラント体と上部構造を繋ぐアバットメントの3パーツで出来ています。

インプラント体はチタンやチタン合金、アバットメントはチタンやジルコニアなど、人工歯はセラミック(陶器)やレジン(プラスチック)などで作られていることが多いです。人工歯は材質によって価格や耐久性、変色のしやすさなどが変わるので、それぞれの違いについてしっかりと医師や歯科衛生士に尋ねてから決めましょう。

インプラント Q & A


手術は入院など必要ですか?

日帰り手術になりますので、入院などは必要ありません。静脈内鎮静法を行う場合は、少し休んでからお帰り頂きます。

手術時間はどのくらいですか?

1本のインプラントであれば30分〜45分で終了します。

手術が怖いです

手術は局所麻酔で行いますので、術中に痛みを感じることは基本的にはありません。もし、どうしても怖いと言う方には、静脈内鎮静法をお勧めしています。全身麻酔ではないのですが、少しぼーっとした状態になり、大変リラックスした状態で手術中を過ごすことが可能です。

術後、痛みや腫れはありますか?

歯ぐきを切開し、骨に穴を開ける手術なので、痛みは当日・翌日がピーク、遅れて術後2~3日後に腫れることがあります。ただし、痛み止めを飲んでも効かないという痛みではありませんし、1本のインプラントではほとんどの方は、翌朝には痛みがなかった、腫れもなかったという感想をいただいております。

術後の注意事項はありますか?

手術当日は、お酒・運動・お風呂につかる(シャワーは可)など血の巡りがよくなるような行動は控えていただきます。翌日からは普段通り生活していただいて構いませんが、あまり激しい運動などは2~3日控えた方が良いでしょう。手術をした部位ではものを強く噛んだり、歯磨きは控えてください。

術後の予定を教えてください。

当院では、鎮痛剤と抗生剤と一緒にうがい薬もお出ししていますので、翌日に消毒などで来院して頂く必要はありません。10〜14日 の間に抜糸で来院していただきます。その後はインプラントと骨が結合するまで待つだけとなりますので、その次の来院は1ヶ月半後に上部構造(歯の部分)のための型取りまで来院して頂く必要はありません。

           

歯を失った違いによる治療例と
治療期間


インプラント治療する際に考慮しなければいけないことは、抜歯のタイミングや骨がある場合・骨が十分にない場合など多岐に渡ります。
骨を作る手術が必要な場合は、治療期間は一般的に長くなります。 治療期間は、インプラントを埋める場所以外の虫歯治療や歯周病治療など、患者さん個々のケースですべて異なりますが、ここではインプラント治療にしぼって、一般的な治療の流れについてご紹介します。
注)当院ではインプラントが長く機能して頂くために、必ず良好な口腔衛生状態をつくり、良好なコントロール下でしかインプラント手術は行いません。

Ⅰ.下の奥歯を虫歯で1本失った症例
術式 : 一般的な治療法(治療期間 約3ヶ月)

1.インプラント埋め込み

1ヶ月〜2ヶ月

2.型取り・完成

診察・診断・分析・治療計画 30,000円
インプラント手術 270,000円
型取り・完成 160,000円
合計 460,000円

治療期間 約3ヶ月

Ⅱ.下の奥歯を歯根破折で1本失った症例
術式 : 歯を抜くと同時にインプラントを当日埋入する方法(治療期間 約6ヶ月)

3.抜歯と同時にインプラント埋め込み

3ヶ月 またはそれ以上

4.仮歯の装着

1ヶ月 またはそれ以上

5.型取り・完成

1ヶ月 またはそれ以上

診察・診断・分析・治療計画 30,000円
抜歯・同時インプラント手術 10,000円+270,000円
骨造成・自己血による再生療法(CGF) 50,000円+20,000円
型取り・完成 160,000円
合計 540,000円

治療期間 約6ヶ月

Ⅲ.下の奥歯を3本失い入れ歯のバネが嫌でインプラント治療に移行した症例
術式 : 一般的な治療法
3本歯が無い所を2本のインプラントで対応する方法 (治療期間 約9ヶ月)

1.抜歯

4〜6ヶ月

2.インプラント埋め込み

1.5ヶ月 またはそれ以上

3.型取り・完成

1ヶ月 またはそれ以上

抜歯から6ヶ月後
診察・診断・分析・治療計画 30,000円×2
インプラント手術(2本) 270,000円×2
型取り・完成(3本分) 160,000円×3
合計 1,080,000円

治療期間 約9ヶ月

Ⅳ.下の奥歯の根っこが膿んでしまい、抜歯に至った症例
術式 : 抜歯後、歯ぐきが治るのを待ってから骨造成と早期埋入する治療法 (治療期間 約7ヶ月)

1.抜歯

1.5〜2ヶ月

2.インプラント埋め込み+骨造成

4ヶ月 またはそれ以上

3.仮歯の装着

1ヶ月 またはそれ以上

4.型取り・完成

抜歯から2ヶ月後
診察・診断・分析・治療計画 30,000円
インプラント手術+骨造成 270,000円+50,000円
型取り・完成 160,000円
合計 510,000円

治療期間 約7ヶ月

Ⅴ.上の奥歯を2本失い、歯の移植と骨造成を伴うインプラント治療を行った症例
術式 : ①歯の移植術 ②骨の幅・高さが不足しているため骨造成してからインプラント埋入する方法(治療期間 10ヶ月〜)

1.骨造成

6ヶ月 またはそれ以上

2.インプラント埋め込み

1ヶ月半 またはそれ以上

3.仮歯の装着

1ヶ月 またはそれ以上

4.型取り・完成

診察・診断・分析・治療計画 30,000円
<第一大臼歯>
歯の移植+根の治療+被せ物
50,000円+80,000円+100,000円
<第二大臼歯>
インプラント手術+骨造成(上顎洞挙上術)
270,000円+100,000円
型取り・完成 160,000円
部分矯正 50,000円
合計 840,000円

治療期間 約1年6ヶ月

他にも、審美を整える必要のある場所(主に上顎の前歯、下顎の前歯)の治療は通常よりも期間がかかります。このように、手術の方法、手術部位、骨の状態などにより、治療期間はそれぞれ異なります。